くすみを取るクレンジングの仕方

肌のくすみが気になるという人は、毎日のクレンジングの方法を見直してみましょう。

メイクの汚れがきちんと落ちていないと、残った汚れによってくすんで見えてしまうだけでなく、酸化した油分が肌にダメージを与え、さらには化粧品の有効成分の浸透にまで悪影響を与えてしまいます。

くすみのない透明感のある肌なるためには、クレンジングでメイク汚れをきちんと落とすことが何より大切です。

クレンジング前にメイク汚れが浮きやすい状態にしておくと、しっかりと汚れを落とすことができます。そのために役立つのが蒸しタオルです。

メイクを落とす前に、蒸しタオルで顔を包むようにすると、汚れを無理なく浮かせることができ、洗浄料と馴染みやすくなります。蒸しタオルを押さえることで手のひらも温まり、後からのせる洗浄料をやわらかく肌に馴染みやすい状態にすることができるので一石二鳥です。

メイクを浮かせて落とす準備ができたら、手に取ったメイク落としを、額・鼻・あご・両頬においていき、くるくると円を描くように指の腹を動かして優しくメイクの汚れとなじませます。
洗浄料が行き渡ったら、手のひらで顔を軽く包むようにして、手を小刻みに動かし、汚れと馴染ませる作業の仕上げをします。あとはぬるま湯でやさしくすすげばOKです。くすみが気になる人はクレンジングの方法を見直して、メイクの汚れをしっかりと落とすよう気を付けましょう。

クレンジングがきちんとできていれば、その後に使う化粧品の浸透も良くなり、透明感のある肌になることができます。クレンジングのくすみ対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です