クレンジングはメイクの濃さでタイプを変えるといい

クレンジングはお化粧を落とすためには必ず使うもので、毎日使っているという人も多いです。
ですが、クレンジングはその人の肌にあったものを使うことで、肌に刺激を与えずに優しく使って、お化粧を落とすことができる、ということを知らない人も多いといいます。

クレンジングはお化粧の濃さによって使い分けるといいといわれています。
たとえば、しっかりメイクのときにはオイルタイプ、またはリキッドタイプのものを使うといいです。
ナチュラルなメイクのときにはクリームタイプ、またはミルクタイプのものを使うと肌に負担がかからないので安心です。
毎日メイクはしっかりと落とす必要がありますが、肌にあわないクレンジングを使っていると、肌へさらに負担をかけてしまうことになります。
なので、ベースメイクの濃さによって使い分けるようにしておくといいです。また、目もとや口もとのメイクの濃さで選ぶというのは避けておくほうがいいです。

ポイントメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使ってメイクを落とすことが大切です。
クレンジングにはそれぞれタイプによって特徴があります。たとえば、オイルタイプは油分をメインに配合しており、使用後は洗い流すタイプが多いです。

メイクがすっきり落ちますし、アイメイクも落としやすいのが便利だということで人気があります。
濡れた手でも使えてさっと落とすことができるのでいいのですが、肌への負担が大きいというデメリットもある、という風に使い分けることでメイクを落とすときにかかる負担を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です