色んな種類のクレンジングの口コミはどんなものか

クレンジングとはメイク落としの事です。
どのタイプが自分に合っているのか見極めが大切です。種類ですが、まずオイルタイプです。

これはしっかりメイクやバッチリメイクにはよくなじみ、乳化させて混ぜることでマスカラなど落とすことができます。
これに対しての口コミでは、オイルタイプはしっかりメイクが落とせるし、他のクレンジングより部分メイクが落としやすいとあります。次にリキッドタイプですが、水分ベースなのでとてもサラッとしています。
洗い上がりをさっぱりしたい人に向いています。
口コミでリキッドは手に取っただけでもサラッとしていて洗い上がりもサッパリして良いと評価が高いです。

そしてジェルタイプですが、弾力性のあるクレンジングなので、何よりもお肌へ直接摩擦をすることが軽減されるのでお肌には優しいです。
口コミではこのタイプはオイルやリキッドタイプなど種類の幅が広いのが評価されています。そしてクリームタイプですが、洗顔後のしっとり感を求めたい人には最適です。
特に口コミでは、乾燥肌や肌に炎症のある人には、洗顔後のしっとり感がお肌をケアしてくれるのがうれしいとあります。

そしてミルクタイプがあります。ミルクよりサラッとしていますが、とてもなめらかで、こちらも感想や肌荒れが気になる人には評判のあるクレンジングです。

他にはシートタイプがあります。忙しい日や疲れている時など緊急な場合に使う事が多いです。
ふき取るタイプなので、しっかりメイクが落とせているか、また肌への影響が心配になりますが、あくまでも緊急時として利用するのが良さそうです。

お肌に合ったクレンジングがおすすめ

メイクが落ちれば、クレンジングの種類はどれでも構わないと考えている人が多いです。

確かに、お金をかけるのなら美容液やクリームに使った方が美肌効果がありそうです。
しかし、クレンジングというのは、お肌に合わないものを使い続けていると肌トラブルにつながってしまいます。メイクの状態は同じ人でも日によって異なります。

メイクをしっかりとした場合におすすめなのが、オイルタイプです。メイクとよくなじみ、すっきりと落とすことができます。その分、お肌への負担が強くなってしまうということは覚えておきましょう。
オイルよりも洗浄力が弱いのはリキッドタイプです。
ナチュラルメイクで、それほどしっかりメイクしていないときに、リキッドやオイルを使ってしまうと、お肌への負担だけが強くなってしまいます。薄いメイクの時におすすめなのが、クリームタイプやミルクタイプといったそれほど洗浄力の強くないタイプのクレンジングです。

お肌への負担も軽いので、敏感肌や乾燥肌といった肌質の方にもおすすめです。脂性肌の方は、オイルフリーのものを選ぶといいでしょう。
皮脂の多いお肌にオイルタイプを使ってしまうと、ニキビができやすい状態になってしまいます。成分表示を確認することで、自分に合ったクレンジングを見つけることができます。
メイクの濃さに合わせて、洗浄力の強い物と弱い物の2種類を用意しておくと安心です。
洗浄力は強ければいいというものではなく、強すぎると負担になってしまうことを知っておきましょう。

クレンジングはメイクの濃さでタイプを変えるといい

クレンジングはお化粧を落とすためには必ず使うもので、毎日使っているという人も多いです。
ですが、クレンジングはその人の肌にあったものを使うことで、肌に刺激を与えずに優しく使って、お化粧を落とすことができる、ということを知らない人も多いといいます。

クレンジングはお化粧の濃さによって使い分けるといいといわれています。
たとえば、しっかりメイクのときにはオイルタイプ、またはリキッドタイプのものを使うといいです。
ナチュラルなメイクのときにはクリームタイプ、またはミルクタイプのものを使うと肌に負担がかからないので安心です。
毎日メイクはしっかりと落とす必要がありますが、肌にあわないクレンジングを使っていると、肌へさらに負担をかけてしまうことになります。
なので、ベースメイクの濃さによって使い分けるようにしておくといいです。また、目もとや口もとのメイクの濃さで選ぶというのは避けておくほうがいいです。

ポイントメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使ってメイクを落とすことが大切です。
クレンジングにはそれぞれタイプによって特徴があります。たとえば、オイルタイプは油分をメインに配合しており、使用後は洗い流すタイプが多いです。

メイクがすっきり落ちますし、アイメイクも落としやすいのが便利だということで人気があります。
濡れた手でも使えてさっと落とすことができるのでいいのですが、肌への負担が大きいというデメリットもある、という風に使い分けることでメイクを落とすときにかかる負担を減らすことができます。